消費者金融ではいくらまでキャッシングすることができるか

消費者金融でキャッシングを行うときには、いくらまで借りることができるのかということを認識しておかなければなりません。まず、総量規制です。これは借り入れ総額は年収の3分の1までという規定です。法律で規定されているので、すべての人に適用されます。ただし、幾つかの例外も存在しますので、原則的には個人の無担保無保証借り入れ、いわゆるカードローンであるといえます。なお、専業主婦は収入がありませんので、原則的に借り入れを行うことはできません。次に、個人個人の上限枠です。総量規制があるので、年収600万円の人が200万円まで借りることができるかというと、そうではないのです。特に最初から総量規制限度枠一杯まで貸し出すことはまずありません。初めての場合は概ね50万円程度です。これには個人の属性が大きく関わってきます。大手企業で勤務年数が長く、持ち家であれば大目に借りることができますが、小さい会社で、勤務年数が浅く、賃貸住宅であれば審査は厳しくなります。消費者金融側はどのくらい返済に余裕があるか、社会的信用があるか、ということを考慮してキャッシング枠を決定するのです。
収入証明書不要の消費者金融については収入証明書不要の消費者金融SS01で調べましょう。