トータルで勝負

よくあるビギナー向けの外為取引の雑誌では「損をした時はナンピンすることで、ポジション全体の買い付けコストを低くする事が出来る」等とアドバイスしていると思いますが、実際はここには危険性が隠れています。

 

まずは、ナンピンのやり方に関してごく簡単に記述します。

 

仮に100円で1ドルを買ったとします。

 

ドル買いだから、円安ドル高に動くほど儲けが出るわけですが逆に1ドル95円までドル安方向に進んだとします。

 

そのままの場合ポジションを維持し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分円安ドル高に動かなければなりません。

 

投資家であれば、損失は早めに0にしたいと願うでしょう。

 

この状況を打破するためはじめに注文したのと同額の$を1ドル95円で買います。

 

これで、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

2.50円の幅でドル高に向えば、赤字を失くすことが出来ます。

 

これが、ナンピン買いのやり方です。

 

このように、ナンピンの仕組みをみると「まちがいない」と考えたりするが市場は容易には問屋を卸してくれない。

 

もとより、1ドル95円より下がらないとは誰一人として分かるわけがありません。

 

もしも、為替が相当の円高ドル安傾向だとすると、1ドル=95円では下げ止まることなく、ドル安にいく危険性はあります。

 

仮に、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高になったとしたらナンピンを入れたポジションも、損が生まれます。

 

この状況では、一番初めに持ったポジションとトータルでダブルで為替差損が生まれる事になります。

 

それほど、ナンピンはややこしいです。

 

ならば、市場が自分自身の脚本とは逆向きにすぐに進む場合、どのような対策でリスクを回避すればいいのでしょうか。

 

この場合選択できる方法は2つしかありません。

 

まずはじめは執着しないでポジションを閉じる事です。

 

別の方法としては自分自身が保持している買いポジションを縮小することでもう一度相場が元のようになるのを大人しく待ち望むことです。

 

かなり弱腰の手法だとみる投資家もいるだろう。

 

しかし、自分のポジションに為替差損が生じた場合、一番効果のある手法はそれ以外にはありません。

 

当然、理論上は、ナンピンするという手段もあるように思えます。

 

だがしかしナンピン買いは、あなたが損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを整理するどころか、それとは反対にポジションを積み増していく対策です。

 

この手段では、危機をコントロールすることなどどうやっても無謀だと思うべきです。

 

ナンピンをし続けられればいずれは損失が回復するかもしれません。

 

でも、それより先に投資資金が不足してしまいます。

 


次の記事も読んでね!!

  1. その他の解決手段
  2. トータルで勝負